TRAIN BLEU ロゴ HOMEへ戻る トランブルーからのお知らせ トランブルーのパン トランブルーのスタッフ トランブルー店舗のご案内
HOMEへ戻る
HOMEHOME
 

トランブルーからのお知らせ

123456789101112131415 全71点/点ずつ表示  前の5件次の5件 

第2回 ワイン勉強会

2014年7月26日

 恒例となりました(といっても2回目) 久々野の坂本酒店さんによるワインの勉強会です。
   
今回はイタリアワインのお勉強。  
これ以上楽しいことはないオーラを発する坂本さんの講義と、趣向を凝らした内容、珍しい食材などを目にし、すっかり興奮気味のスタッフです。
勉強熱心な学生時代を彷彿とさせる好奇心に輝く目、とどまるところを知らない質問の嵐、体に知識をしみこませるかのように次々と消化されてゆくワイン。
  
左:頭を寄せ合って見つめるのは、モッツァレラの燻製を焼いているところ。
右:坂本酒店 白熱教室。 ワインと共に 専門の地質学に近い話には一層熱がこもります。

イタリアの風土と食べ物とワインの関係や、気候と地理を学びつつ、このワインにはこのチーズとこのパン、このさっぱりしたオリーブには・・干しブドウなら・・など、よりおいしく食べて飲めるものを求めて、トラン・ブルーの胃袋は、いや、スタッフは夢心地のひと時を過ごしました。
ワインやチーズ、いろいろな食材を味わい、パンの楽しみも一層広がったひと時。
この楽しさを、お客様にもきちんと伝えられるよう、もっとしっかり学んでいこう、と次回に向け、決意を新たにしたのでした。

個人的感想・・バタールやTバゲットはもちろんですが、Tカンパーニュのチーズ(溶けたもの。焼いて溶けたのも、ゴルゴンゾーラのとろとろのも)のせが、白ワイン(すみません、銘柄忘れました)とあまりにもしっくりきすぎてしまい、胃袋 じゃなくて心をギュッとつかまれました。

桃のデニッシュ  もう出ています・・    380円

2014年7月11日

 おいしいおいしい桃を使って、今年も桃のデニッシュが始まりました。
今年は、今までの担当のからすから、2年目のつりに変わります。
デリケートな桃を傷つけないよう、繊細な作業が続きますので・・
 桃たちがこうなるまでに
こちらは必死のつり。
 かたや すでに余裕のからす。

 横で静かに、寸胴鍋の中で煮える  カレーパン用の(パンに入れちゃうのがもったいないような丹精込めて時間をかけて作る)カレー。

今日もトラン・ブルーは、皆様をお待ちしております。

セイズファームへ

2014年3月26日

 まだ春浅い富山県氷見のセイズファームへ トラン・ブルーのスタッフで行ってきました。山の上にありますが、そこから富山湾も見渡せるというロケーションです。
自分のところで育てたブドウだけでワインを作る、日本でも数少ないワイナリーの一つです。  しかも土地を捜し、山を耕し、水道を引き、苗木を1本1本植える、という無謀ともいえる計画を すべて自分たちの力でやってしまった、というだけあって、会う方みなさん熱い情熱を胸にたたえた人間味あふれる方ばかりでした。 
       レストランでお世話になった白シャツがお似合いの飯田さんです。 セイズファームや地元で採れた食材でおいしいお食事やワインを頂き、やぎのゆきちゃんに草をやり、ワイナリーの見学もさせていただきました。薄暗く肌寒い地下には、沢山の樽やワインが静かにその時をまっていました。 
    
青いジャケットにキャップをかぶるのは醸造責任者の山崎さんです。 彼のワイン造りのお話はとても熱く、心を打つものがありました。  
自然の中でおいしいものをゆっくり頂き、ステキな方たちにお会いでき、刺激を受けて幸せな1日でした。  とても私のつたない文では伝えきれない、ぜひ皆さんにも行って感じてほしい、でも有名になりすぎて入れなくなっちゃったら困るし・・・

本日の売上はすべて 東日本大震災の募金に寄付いたします

2014年3月11日

 今日トラン・ブルーでお求めいただいたお代金はすべて 東日本大震災の募金に寄付いたします。

私たち自身がこのことから目や心を離してはいけない、という思いからです。
金額は大きいものではなく、誰かを救う、とか助けるなどということは出来ませんが、せめて心に強く留めておきたいと思います。 
2012年と20113年は あしなが育英会の東日本大震災募金に託しました。

今朝の金沢からいらしたお客様は、「私たちもちょっとは役に立てるのね」と言ってくださいました。 なかなか実現できなくても、みなそういう気持ちを持っているのですね。

蓼科山荘にて

2014年2月5日

 恒例のスキースノボ合宿が、今年も蓼科で行われました。  ここは、シェフの敬愛するベッカライブロートハイムの明石さんの山荘です。  普段なかなか他店の方々とお話しする機会が少ないトラン・ブルーのスタッフですが、 雲の上の人である明石さんとじかに接したり、スタッフの方々とお話したりと、いい時間を過ごしてきました。    

123456789101112131415 全71点/点ずつ表示  前の5件次の5件 

HOME - お知らせ - トランブルーのパン - スタッフ紹介 - 店舗のご案内

このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。